阪神淡路大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。

1995年1月17日から、20年が経過しました。

ブログ担当者は当時ちょうど20歳、自分の成人式からほどなく起きたこの災害は、正直なところ「テレビの向こうの出来事」でした。その後、東日本大震災を経験し、各報道で阪神と東日本が並列的に扱われているのを見て「あぁ、ひどい地震だったんだなぁ」と感じ、さらに20年の節目を迎えた今年は、阪神淡路…当時の映像が、テレビでたくさん流れているのを見て、改めてその被害の大きさを思い知っている次第です。

自分の周りにも何人か、阪神~を経験している友人知人がいました。そして、東日本~の時、そんな友人たちが「だいじょうぶだったか?」と、こちらを気遣って連絡をくれたことを思い出します。東日本以降「絆」という言葉が先行、一人歩きしているような気もしてしまいますが、こうしたことを思い出すと、極限状態に陥ったときの「絆」というのは、こういうことなのかなぁと、今文章を書きながら、考えます。

重ねて、阪神淡路大震災で被災された全ての皆様に、20年越しではありますが、お見舞い申し上げたいと思います。