電気工事ってどんな仕事 まさかの交換日記能電工の人材育成 能電工で取れる資格取得について 女性が働きやすい建設業を目指して
新卒入社の若手社員から見た能電工
横岸澤由加

Yuka Yokogishizawa

工事部

高校卒業後入社、三年目。
今年第一種電気工事試験に合格。

釜谷諒介

Ryosuke Kamaya

工事部

専門学校卒業後入社、一年目。
在学中に第二種電気工事を取得。

01. 電気工事ってどんな仕事?

Q:
まずはプロフィールから教えていただきたいのですが、横岸澤さんは入社何年目ですか?
横岸澤:
高校卒業後に新卒採用で入社して、今年が三年目になります。工事部所属で、電気工事など現場に出る仕事がメインですね。
Q:
元々建設業や工事現場に興味をお持ちだったのですか?
横岸澤:
いえ、まったく。在学中に就職活動していましたが、能田電気は事務の求人を見て、事務職のつもりで話を聞きに来た感じです(笑)一応工業高校出身なんですよ。でも情報技術科だったので、電気は授業でちょこっとさわる程度で、知識も興味もあまり無かったです。話を聞いてる時、工事部長に熱心に勧誘されて、会社の雰囲気を見てて「なんか良いな」と感じて飛び込みました。
Q:
工事現場って男性が多いイメージですが、戸惑うことは無かったですか?
横岸澤:
工業高校で学校も男性が多かったので(笑)、あまり違和感は無かったです。珍しいとは思います。でもその分、会社一丸になって資格試験から現場での動き方まで大切に育てていただいたという気がしますね。
Q:
なるほど。その辺りの人材育成についてはまた後ほど。続いて釜谷さんは何年目ですか?
釜谷:
僕はまだ入社一年目です。この業界で働きたくて専門学校で電気工事技術を勉強して、在学中に資格を取得して入社しました。
Q:
対照的なお二人ということですね。釜谷さんが電気工事を志望されたきっかけ、理由はなんですか?
釜谷:
なんでしょう、あまりカッコ良い言葉では表現できませんが、監督になりたかったからですかね。現場監督。職人さんを動かして現場をコントロールして、モノを作っていく。そういう現場監督に憧れがありました。今はまだ勉強中なので、そうなれるのはまだまだ先の話ですけど。
Q:
いいですね、夢がありますね。電気工事、工事現場と言うと失礼ながら採用や人材育成に苦労されているのではという先入観がありましたが、順調に若い方が育っていますね。
横岸澤:
会社ってもっと堅いところだと思ってました。新人として入ると先輩・上司全員にひととおり怒られて、現場で職人さんに怒られて。実際はイメージと違って、私が言うとおかしいですが、みんなで娘のようにあたたかく見守ってくれていると感じます。統括部長の熊田さんがお父さんのような感じで包み込んでくれているような(笑)。
釜谷:
僕は男性ですが、アットホームさは感じます。早めに内定を貰ったので、ちょこちょこ誘われて会社には顔を出してて。入社前に社長が一度家に来て、僕の両親に挨拶をしてくれたんです。緊張しましたが、普通そこまでしてくれる会社はなかなか無いと思うので。